f:id:travelwz:20160526085615j:image

箱根へひとっとび

きょう、ロマンスカーで。を宣伝文句にしている、箱根ロマンスカー。
新宿から箱根まで、約1時間半!

紫陽花の綺麗な季節、6月の週末プチ旅行にオススメ。
箱根登山ケーブルカーでは、沿線の紫陽花を楽しむことができます♪
ちなみに私が訪れたのは7月も半ばに入る頃で、沿線の紫陽花は茶色が目立っていました。


10:30▶︎箱根ロマンスカーで♪

新宿から、ロマンスカーで箱根へ向かいます。
席もゆったり、快適な乗り心地◎
おしゃべりしていると、あっという間に箱根です!


12:30▶︎温泉パスタ!?箱根でいただくイタリアン

箱根湯本駅に到着!
ザ・温泉街といった雰囲気♨︎
f:id:travelwz:20160526090956j:image
ランチのお店もいっぱい☆
その中で、「温泉パスタ」を売りにしているイタリアンを見つけました。
一体どんなパスタがでてくるのかというと・・・
f:id:travelwz:20160526085724j:image
塩味のスープパスタです。
スープが温泉と同じ成分とのこと!
上品な味付けです。


14:30▶︎定番スポット、大涌谷へ

ロープウェーで大涌谷へ。
f:id:travelwz:20160526094131j:image
黄色いのは硫黄。
至るところで噴煙が上がっています。
f:id:travelwz:20160526095814j:image
イジェン火山ほどではない!?

大涌谷は、現在もまだ一部入山規制があるようですので、行かれる方は最新の情報の確認を…。
箱根・大涌谷情報 - 神奈川県ホームページ


15:00▶︎玉子茶屋で、名物を。

散策路を歩いた先には、玉子茶屋。
周辺には温泉?が湧いています。
f:id:travelwz:20160527061506j:image,w400

大涌谷の名物といえば、ココで作られている黒たまご!
食べると寿命がのびるとか。
地熱と火山ガスの化学反応を利用した「黒たまご」は、生卵を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に鉄分(温泉池の成分)が付着します。これに硫化水素が反応して硫化鉄(黒色)となり、黒い殻のゆで玉子ができあがります。
http://www.owakudani.com
f:id:travelwz:20160526101820j:image
できたてあつあつのゆでたまごは絶品♡
塩もありますよ!

※大涌谷入山規制の影響で、玉子茶屋は現在営業休止しているようです。
代わりに、くろたまご館4 という場所で販売しているとのこと。詳細はこちらから


16:30▶︎ケーブルカーで、宿へ

建物も綺麗で、雰囲気◎
足湯なんかもあります♪
f:id:travelwz:20160527063342j:image
f:id:travelwz:20160527063530j:image
温泉は、硫黄温泉だそうです。
http://kiritani-hakoneso.com/img/spa/hatsune_05.jpg
箱根強羅温泉源泉かけ流しの旅館 桐谷箱根荘【公式サイト】



18:00▶︎海・山の幸両方を味わう

素晴らしいのは見た目だけじゃない!
品数も多く、いろいろな味を楽しめます♪
f:id:travelwz:20160527063847j:image
手前にあるのはほおづき。初めて食べました!
f:id:travelwz:20160527064012j:image

部屋に戻ったあとも、お酒を楽しみながら…
夜が更けていきます。



08:00▶︎旅館ならではの、朝ごはん

朝から品数豊富な、朝ごはんが並びます。
なかでも美味しかったのは、できたてほやほやの、お豆腐♡
自分で豆乳ににごりを入れて、固めます。
f:id:travelwz:20160527072730j:image
f:id:travelwz:20160527072946j:image


10:00▶︎箱根登山ケーブルカーで、移動♪

途中線路脇に紫陽花がたくさん並ぶも、すでに茶色が目立っていました。
見頃だったら、とても綺麗でしょう。


11:00▶︎Forest Adventureで目一杯あそぶ!

今日は、体を動かして、日頃の運動不足を解消!
Forest Adventureでは、綱渡りや滑車、ロープ登りなど、小さい頃遊んだアクティビティが、大人も楽しめる規模でつくられているんです!
f:id:travelwz:20160527084115j:image
森の中は空気も気持ちよくて、体も心もリフレッシュできますよ♪
f:id:travelwz:20160527084057j:image,w400

お昼は近くの施設で、バーベキュー♡
準備も片付けもいらず、てぶらで楽しめちゃいます!


14:30▶︎帰りもロマンスカーで

電車内では爆睡です。
初夏にぴったりの、楽しいプチ旅行でした。

身長差

2018/04/09

 

 

f:id:erikos93:20170907044731j:image

 

MARUYA  Facebookに滞在ゲストとして上の写真がUPされました。

ちゃんとしたツーショットは初めてで嬉しい。

こうして見ると、改めて身長差を感じます。

(わたしは平均身長、彼がのっぽなんです。)

 

https://www.facebook.com/1579995698951767/photos/a.1954868894797777.1073741913.1579995698951767/1954869098131090/?type=3

 

 

f:id:erikos93:20170907044637j:image

 

 

ありがとうございます。

また来ます、まるや!

あー…(溜息)

あぁ~…(悶絶)

も う 不 安 wwwww(錯乱)

。.:ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ:.。


今月から、自転車メーカー主催のとある講習会のようなものに参加することになった。少し期間は長め。資格を取るとかレースに出る、というようなものではなく、初心者向けの全般的なスキルアップを目的とするものなんだけど、その結果としてのチョット大きな(そしてチョットおいしい)100km↑ライドイベント参加という目標は掲げてあるのでそこまで頑張ろう、というようなもの。
参加するかどうか締め切りギリギリまでかなり悩んだが、条件(メンタル的なものも含め結構厳しい)にも幸いほぼ該当し、旦那氏の強力プッシュもあり決断。ある意味ちょっとハードなものになりそう。

目標持って何かに取り組むって本当ーに久々で、どうテンション持って行っていいのかわからなくなったわ。あとは長期にわたる引きこもり仕事生活の間に着々と養われたコミュ障体質をどうしよう…まず対人からぽんこつなんだけど。まぁリアルで近くにチャリ友いないし、ましては女性なんかさっぱりなので、これを機会に情報交換が出来るような知り合いが出来れば良いなと思う。

その成果はちゃんと出るのかどうか、結果は来年暖かくなってきた頃。ただこの件に関してはどの程度公開しても良いのか不明なので今のところあまり書かないつもり。もし無事結果が出たら、総括としてざっくりまとめようかな。まぁ途中経過を見てまた考え直すかも。

楽しみでもあり、不安でもあり、心配でもあり、そして若干の焦りも感じたり。メンタル的にはどう持って行けばいいのかわからん状態だけど、全面協力を申し出てくれた旦那氏を信じて(これでもまだ他力本願か)何とかこなせるよう暫く頑張ってみよう。





中村哲平監督は本当にいい映像を作ってくれる監督だ…

って思いながら渋谷さんのツアーのDVDを見ています。

本篇を含めて、改めてすごい贅沢なことをしてもらってると思う。

事務所主導で主演映画をなかなか豪華に作ってもらって、映画祭にも出品してもらって、その流れでCDをリリースして、全国10箇所13公演のライブハウスツアー、そしてそのツアーをDVD・ブルーレイでリリース。

ジャニーズの中でもこんなことない。ジャニーズの中じゃなきゃもっとない。

彼の中ではどのステージでも、ソロでも関ジャニ∞としてでもスタンスは変わらないみたいな発言をしていたけど、本人が無意識でもソロと関ジャニ∞では全然違ってるとは思うんだけど。

渋谷すばるソロのライブは、本当に渋谷さんの歌が本当に自由でバンドメンバーがものすごい技量で受け止めて一体化させている感じがした。渋谷さんが気持ちよく歌えるのが前提のバンドというか。

関ジャニ∞じゃあの自由で気持ちいいライブにはならないんだと思う。

関ジャニ∞でのライブはひとりで気持ち良くなるっていうんじゃなくて、やっぱりメンバーが気持ちよくなっているところを見て渋谷さんも気持ちよくなれるところがあると思うから、渋谷さんもメンバーが気持ちよくなれるところはそこに合わせる。

そんな気がしてる。

あんなに映像をはさんで演奏は11曲から12曲しかやっていないライブ、それもなかなか贅沢なことだと思うんですよ。それでZeppサイズの公演。

もちろん長ければいいってもんじゃないし、あのライブで20曲なんて寿命が10年以上縮まりそうだし聞く方もぶっ倒れるだろうし。

 

すごいことだなって、単純に。

本当にこんなことを自分発信でなくてさせてもらえるってすごい。

彼自身は場がもらえれば歌うし、求められれば演技もするけど、っていうスタンスなのがすごい。

気負いがない。ないってことはないのかもしれないけど、限りなくニュートラルにこなして、無駄なところは本当に心配も気遣いもしない。でも、やるなら最大限でやる側も気持ちよく見る側にもいいものを見せる気持ち。

アイドルもアイドルで不自由な面が多かったり、偏見もあるんだけど、それと同じかそれ以上にミュージシャンも不自由な面が多いし「好きな音楽を好きなようにやってそれを受け止めてもらえる」ってすっごい難しいこと。

そのどちらにも縛られないでいられる存在なんてほんとにほんとに稀でしょう。

本人はその自覚もないだろうしそれでいいんだけど、それがすごいんだし。

ハープをずっと吹きながら歩いてる姿、ハープ並べている姿は子供かよって感じで。

シンプルな思考でいられるスタンスになれたのは本当にこの数年だろうけど、それも奇跡みたいなもんだよなぁって思う。

結局のところ、彼は何をしても圧倒的にアイドルで、圧倒的に画になる。

画になるし画にしたくなるからこんなことをさせてもらっている。

それが嫌だという人もいるだろうし、画になるならそれでいいのかっていう人もいるだろうけど、でも、唯一無二だなぁと思う。

夢じゃなくて リアルを伝えるって言うんだけど、それって夢を伝えることより難しいかもしれないなと思う。あの観客の前で素でいることって意識をしたらできないことで、すごく難しいと思う。 

そう思うけど、やっぱり関ジャニ∞での渋谷すばるが好きだなぁってなった。

ツアーのバンドは渋谷すばるのためのバンドだけど、関ジャニ∞のときは関ジャニ∞の渋谷すばるだから。

関ジャニ∞としての聞こえ方でバランスとって歌ってくれる。

ツッコんでくれる人がいないとボケられないし。真顔でツッコむ相手もいないし。

 

だから関ジャニ∞としてもいいステージを見せてくれよ・・・という願い。

とにもかくにも、

「世界イチのエンターテイメント、ジャニーズ事務所に大きな拍手を!」

という言葉には同意しかない。

7月12日のこと

2018/03/10

2017年7月12日、Coccoの20周年ライブを見に武道館へ行きました。Coccoのワンマンを見るのはいつぶりだろう、もうだいぶ前のことで、きっと最高のライブになることは間違いないと思うけどわたしがどうにかなりそうなんじゃないかと、そんな不安もあった。Coccoが、今も歌い続けている、それだけでポロッと泣きそうになる。わたしが1番好きなアーティストは椎名林檎だけれども、わたしの中の「歌姫」はCocco以外ありえないのだ。彼女は、歌うために生まれてきた。わたしの中で彼女はそういう存在なのだ。様々な壁にぶち当たってきて、苦悩や挫折を抱えてそれでも生きて、再びステージに立ってくれて、もうそれだけでどれだけのファンが救われているか。その姿に涙しているか。わたしもその内の1人。彼女がステージに立って歌ってそして笑っている、もうそれだけでわたしは嬉しい。生きて、またわたしたちに歌を、笑顔を、届けてくれて本当にありがとう。

MCでCoccoが自分は「みんな」にしかありがとうを言えないのがつらいって言っていた。1対何十万人なんだからしょうがないことなんだけど、Coccoにとってはしょうがないことにしたくないのだ。でもわたしたちがCoccoを想っていて、そしてまたCoccoもわたしたちファンのことを想っていることはみんなわかってるよ。

終盤のMCで「わたしたちはもう大丈夫なところまできたね、」って言っていて、その言葉を聞いた瞬間涙が止まらなくなった。

あっちゃん、違う、わたし、大丈夫じゃない。

大丈夫じゃなかった。最後のMCのあと、ラスト1曲の「もくまおう」。歌い終わってすぐにはけてスタッフに途中抱えられそのままステージをあとにした。ライブが終わっても、わたしの涙は止まらずしばらく立てずにいた。隣の人が心配して声をかけてくれたけど、何も喋れなくて申し訳ないことをした。声かけてくださったのにごめんなさい。だけどわたしは辛くてたまらなかった。Coccoの口から「大丈夫」と出たのはとても嬉しい、笑顔でそう言えるようになったのが、とても嬉しい、と同時に、おいけぼりだという気持ちがわたしの頭の中を支配する。

あの日からもうすぐ2ヵ月経とうとしてるけど、あの日のライブを思い出すたびに泣きそうになる。というか今まさに泣きながらこの文章を書いている。先日一人カラオケに行ってもくまおうを歌った。途中で涙が溢れてきて歌えなくなった。この曲はわたしにとって呪いの曲になってしまったかもしれない。

ライブレポートを書くつもりだったけど全然レポートにもなってないしつくづく文才がない自分に嫌気がさすけど、死ぬ前にこの思いは残したかったのでゆるして。

ライブはもちろん素晴らしいものでした。セットリストも昔の曲から新しい曲まで幅広くやってくれた。序盤はほんとにファンが悲鳴をあげる曲ばっかりでわたしも1曲目のカウントダウンから泣いてたけど。ていうかどんだけ泣いてるのわたしって感じデスネ。

とにかく今わたしが伝えたいことは、今も大丈夫じゃないということ。

たすけて。

今回はビルドダイオーが登場!そして!グリッタがついに!?

6号が追加されてる!

分解したw

合体したw

サポート呼べない!?

ビルドレッシャーキター!

なんでヒカリがセンターなんだw

レール無くしたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

やっぱり6号に乗り換えできないんだね

乗り過ぎw

ビルドダイオーキター!

f:id:meteo:20140706182359j:plain

ビルド出るたびにいちいちみんなで乗るのかw

次回は明を笑わせろ!

ゴージャスさん!?

f:id:meteo:20140706094324j:plain

END

11/16(水)JAL515 羽田(HND)12:30発-新千歳(CTS)14:00着 BA発券JAL特典航空券
11/17(木)ANA66 新千歳(CTS)14:30発-羽田(HND)14:15着 普通席 国際航空券(国内区間)
11/18(金)NH110 羽田(HND)10:20発-ニューヨーク(JFK)09:00着 エコノミークラス
11/20(日)NH109 ニューヨーク(JFK)16:55発 - 羽田(HND)翌日21:10着 エコノミークラス 
11/22(火)ANA65 羽田(HND)13:10発-新千歳(CTS)14:40着 普通席 国際航空券(国内区間)
11/23(水)JAL518 新千歳(CTS)17:00発-羽田(HND)18:40着 BA発券JAL特典航空券

往路国内線区間の札幌1泊2日は無事終了し一旦帰宅。翌朝人生初の羽田空港発の国際線でニューヨークへ。普通席からプレミアムエコノミーへ無料アップグレードも成功し快適な機内での時間を過ごす。楽しい時間もあっという間に過ぎ、ジョン・F・ケネディ国際空港に降り立ったのでありました。

JFK国際空港到着!

f:id:nonbirimile:20170816215154j:plain

f:id:nonbirimile:20170816192658j:plain

f:id:nonbirimile:20170816215457j:plain

長い行列の入国審査も無事終えターミナル7の外へ。約13時間のフライトで現地時刻が羽田出発時刻とほぼ同じという長い1日の始まりです。おお!これがイエローキャブか~そういえばそんな芸能プロダクションもあったな~なんてどうでもいい事を思いつつ、マンハッタンにあるホテルへ向かうべくエアトレイン乗り場へ向かいます。

エアトレインでハワードビーチ駅へ

f:id:nonbirimile:20170816194351j:plain

f:id:nonbirimile:20170816194337j:plain

f:id:nonbirimile:20170816195301j:plain

ターミナル7は人もまばら。エアトレイン内もそんなに混んでいませんでした。

f:id:nonbirimile:20170816195317j:plain

f:id:nonbirimile:20170816195653j:plain

Howard Beach駅に到着。ここから地下鉄に乗り換えます。

Howard Beach駅から地下鉄でマンハッタンへ

f:id:nonbirimile:20170816200324j:plain

f:id:nonbirimile:20170816200517j:plain

エアトレインの運賃と地下鉄のチケットは券売機で購入出来ます。クレジットカードでの支払いも出来ます。

f:id:nonbirimile:20170816201152j:plain

改札前にある売店でも購入可能。今回は小銭を入手する為、売店にて米ドル現金で購入。米ドルは日本の大黒屋で円高の時に両替しておきました。英語苦手な私でも問題なく購入できましたが、チップだか募金だかでカウンターにあるBOXに小銭を入れてもいいか?と尋ねてきますので注意して下さい。

f:id:nonbirimile:20170816201756j:plain

チケットの種類いろいろあるよ~と分かりやすくて助かります。

f:id:nonbirimile:20170816201733j:plain

エアトレインの運賃5ドルと7日間地下鉄とバス乗り放題のチケット31ドルを購入。

f:id:nonbirimile:20170816202019j:plain

f:id:nonbirimile:20170816202034j:plain

エアトレインのチケット。改札に通してお役目完了。

f:id:nonbirimile:20170816202147j:plain

f:id:nonbirimile:20170816202205j:plain

こちらが31ドルの7日間地下鉄とバスが載り放題のチケット。2日間乗り倒す予定なので無くさないように、と。

f:id:nonbirimile:20170816203104j:plain

f:id:nonbirimile:20170816203555j:plain

f:id:nonbirimile:20170816203629j:plain

f:id:nonbirimile:20170816203611j:plain

f:id:nonbirimile:20170816203646j:plain

f:id:nonbirimile:20170816202945j:plain

f:id:nonbirimile:20170816203714j:plain

改札を通り地下鉄Aラインのマンハッタン方面に向かうホームへ。15分ぐらい待ったでしょうか。

f:id:nonbirimile:20170816210407j:plain

地下鉄といっても乗車してしばらくは地上を走っています。

f:id:nonbirimile:20170816210850j:plain

f:id:nonbirimile:20170816210909j:plain

宿泊するホテル近くの34Street  Penn Stationまで1時間弱ぐらいガタゴトと揺られて到着。

いよいよマンハッタンです!

つづく

関連記事

www.nonbirimile.com

www.nonbirimile.com

www.nonbirimile.com

www.nonbirimile.com

www.nonbirimile.com

www.nonbirimile.com

www.nonbirimile.com

美容院で使っているシャンプーはやっぱり違いますよね♪
 
 
 
市販のシャンプーでは出せないしっとり感、まとまり感、良い匂いにもなるし、最高です!
 
 
特にダメージヘアになってしまった髪にもオススメできるのが、
Re: Platinumシャンプー(リ プラチナム シャンプー)です!!
 
 

f:id:salonitem:20160504013129j:plain

 
 
美容室やサロンの専売品なのですが、
このシリーズの中でも最上級にダメージヘア向きのシャンプーです!!
 
 
 
紫外線などで傷んでしまった髪が気になっている人に特にオススメです!
 
 
 
自宅で洗った後の手触りとか、
翌日の髪のまとまり感とか、全く違いますよ♪
 
 
 
美容院で洗ってもらった後の感触に近くて、とってもきもちいいですよ!
 
 
 
 
 

⇒美容室&サロン専売のリ・プラチナムシャンプーの詳細はコチラ!

 

 

 

酒場という聖地へ 酒を求め、肴を求めさまよう、、、、。

年末に東京、東北、札幌、新潟へ旅行へ、いろいろ美味しいところをリサーチしていったのですが、正月休みでふられっぱなしの旅になりました。

新潟では唯一リサーチしていた所、「ぽんしゅ館 利き酒番所」へ行ってきました。

場所は新潟駅の隣の建物、500円を支払い5枚のコインとおちょこに交換、自販機みたいになっており、おちょこをセットしコイン1枚を入れると日本酒がでてきます。

95種類・おすすめ銘柄22種類合計117種類あり選ぶのに一苦労、吟醸から大吟醸、黒板のおすすめをまんべんなく試飲。日本酒にあう全国各地の塩もありかなり楽しめました。

ぽんしゅ館 利き酒番所は呑兵衛のオアシスや〜ってことで、また行きたい場所が増えました。

R0200422

R0200418

R0200419

R0200424

R0200423

R0200420

ぽんしゅ館 利き酒番所 (立ち飲み居酒屋・バー / 新潟駅)

陰陽師

2018/03/02

荒俣宏、集英社新書。アリャマタコリャマタ先生の陰陽師本。凡百の陰陽師本が安部清明で終わってしまうのに対し、荒俣先生は流石に目の付け所が違う。平安意向の陰陽師の勃興と、現在に生きる陰陽道を膨大な文献調査とフィールドワークを駆使し、読みやすい日本語で丁寧にまとめている。視点も書き口も非常に優秀な一冊だった。